全てのお客様へ気持ちのいい家探しをお届けします

ブログ

「寒いときの給湯機のトラブル」


衣袋です。

今日は本当に寒いですね。氷点下(マイナス)4度と冷えこみました。

こんな時、心配なのが給湯機の凍結による破損です。自宅の給湯器が動かず、お湯が出ないという

トラブルが発生しました。給湯器のコントロールパネルに「雪だるまマーク」「凍結予防」と表示

されました。ガス会社に問いあわせたところ、自然解凍を待つしかないそうです。

凍結予防

【システム内容】

凍結予防運転と言って気温が低下し確か約4℃~3℃位で、リモコンの運転スイッチを切っていても

自動的に器具内のヒーターに電気を流し凍結による破損を防止しています。また、同時に風呂循環

ポンプを回し浴槽内の水を循環させ流動化させる事で凍結を防いでいます。(浴槽内に水が無い時は

作動しません。)

この時にコンセントを抜いたり室内の安全器(電気のブレーカー)を切っていると器具が破損し使い物

にならなくなる事があるので注意してください。

リンナイ 凍結予防対策

少しでも、皆様のお役に立てればと思います。また、このほかにも住宅についての質問がありましたら

お気軽にご連絡ください。